四谷でランキング上位の予備校の特徴は

ひとりひとりきめ細かい教育を受ける事が非常に大切

四谷には多くの予備校がありそれぞれ様々な特徴がありますひとりひとりきめ細かい教育を受ける事が非常に大切実践的な教育を受ける事で、万全の受験対策が可能となる

出来るだけ少人数、なおかつ質問しやすい環境の学校が上位にランクインしやすい傾向にあります。
四谷にはハイレベルな教育を受けたいと考える浪人生が多く、志望校のランクも高い場合が多いのです。
そのときにどうしたら今後受験に太刀打ちできるレベルまでアップできるのかなどを、気軽に相談できる場所が必要となります。
マンツーマンの教育を実施している学校もあり、ひとりひとりきめ細かい教育を受ける事が出来るという事は、非常に大切な事と言えます。
「途中で志望校を変更したい」「学部はこのままでいいのか」など、進路に関する相談も少人数であればしやすくなります。
定期的な面談などは多くの学校で実施されていますが、学力や本人の意向に合わせ相談出来るのは少人数ならではです。
しかもいつでも相談する事が可能ですから、ムダな時間を過ごす事なく勉学に専念出来ます。
こういったメリットがあるため少人数制のクラスは人気があるのです。
「勉強できる空間が整っている」という面も、欠かせないポイントです。
自習室や視聴覚室などは、他の学校でも取り入れられています。
人気のある学校の場合は、土日なども空いている自習室・リラクゼーションスペースなどを設けています。
さらにいつでも過去問題集などを確認する事が出来る情報コーナーなどがあり、受験に関する事であればその学校内部で全て解決するような施設になっているのです。
地方から出てきた浪人生や受験生のために、寮を持つ学校もあります。
食事などの心配がないので、安心して受験に専念できることが魅力です。

いや、これそうですよ。


娘がAO入試専門予備校でバイトしてますが、センター試験逃れの金持ち家庭が顧客の殆どであると。
みなさん、金かけて「箔」つけてますわ。

まあ、大学の方も、そういう学生を歓迎してるみたいなんですけどね。

でも国公立までなーと思います。


但し帰国子女などへの配慮は必要

— アンケラソ (@9900d50) 2019年4月12日

予備校大学入試の東進衛星予備校